マスタリング・オーディオマスタリング

マスタリング・オーディオマスタリング

コンプレッサーとイコライザー

コンプレッサーは音楽を仕上げるのに欠かせません。そして、コンプレッサーは正しく使う必要があります。
 
ほとんどのジャンルの音楽において、コンプレッサーを使って楽器のダイナミックレンジをコントロールすることは大切なことです。
 
ただ、コンプレッサーを使いこなすことはかんたんなことではありません。
 

コンプレッサーを使うということ

 
「コンプレッサーは音を大きくしたい時に使う」
 
おそらく、音を大きくしたいというよりは、音のレベルを引き上げるとでも言った方がいいでしょうか。コンプレッサーには音全体を強調する効果があります。ただ、音を歪ませずにレベルを上げるため、ピーキーな部分が削られ、丸みのあるまとまった音に仕上がる傾向があります。
 
そのため、使い方によっては「パンチ」「まとまり感」「充実感」をサウンドに表現することができます。しかし、下手に使ってしまうと、それはただの「ラウドネス」になりかねません。やりすぎの「ラウドネス」ではなく、コンプレッサーを有用に使うためにはどうすればいいのでしょうか。

 
レコーディング

音源・BGM・CM音楽制作会社

マスタリング

ミキシング

グランドピアノ・スタインウェイ 中古